SV650ABS&三日月くるみちゃん in 秩父 Part2「花より団子編」  | バイクるん

  1. HOME > 
  2. 特集記事 > 
  3. SV650ABS&三日月くるみちゃん in 秩父 Part2「花より団子編」 
レポート
2016-12-05

SV650ABS&三日月くるみちゃん in 秩父 Part2「花より団子編」 

ツーリングも後半戦 お昼ごはんはなんだろな?
そして我々はくるみちゃんの知られざる一面を見た!(レポート作成:バイクるん2号)

ツーリングも後半戦 お昼ごはんはなんだろな?
そして我々はくるみちゃんの知られざる一面を見た!(レポート作成:バイクるん2号)

全国一千万人のくるみちゃんファンの皆様こんにちは。
お待ちかねのツーリングレポート第二弾ですよー。秩父の浦山ダムを見学した「三日月くるみ」ちゃんと我々ばいくるんスタッフ。後半はくるみちゃんが行きたいと言っていた「龍勢発射台」(ゴール)に向かいます。
(前回の記事はこちら


kurumi_face「撮影って結構楽しいですね♪ あ、気がついたらもうこんな時間・・・」

そう、撮影しながらのツーリングってのは結構時間がかかるものなのだ。朝早く出発したにもかかわらず時計は既に12時を回っている。

1go_face「くるみちゃん、腹減ったろ?うまい飯食わせてやっから。」

なんとなく言い回しが新橋あたりに出没するエロ親父っぽいが。

kurumi_face「ご飯? ご飯!! ウハー♪」

ってオイ、くるみちゃん。なんか目がギラギラしてるぞ。

kurumi_face「え? あ! は、早く、早く行きましょっ」

んん?今一瞬くるみちゃんが別人に見えたような気がしたが・・・ハテ? ま、いっか。
では早速次なる目的地(昼飯)へ向かおう!

今回のツーリングコースをおさらい

今回のツーリングコースをおさらい

コースはバイクるん事務所(都内)→道の駅あしがくぼ→羊山公園→浦山ダム→大滝食堂→旧秩父橋→龍勢発射台がゴール。現在地の浦山ダムまで約80kmが経過。ここからは秩父の景色を眺めながらのプチワインディングコースとなります。
詳しいコースマップ(google MAP)はこちらをクリック。


1go_face「こっからはオレ的オススメの三大秩父名所だぜ」

kurumi_face「一号さんって秩父詳しいですね♪ よくいらっしゃるんですか?」

1go_face「よく来るぜ、脳内ではね」

意味不明だ。嫌な予感しかしない。


腹が減ってはツーリングはできぬ。ゴールが無ければツーリングは終わらぬ。

全長132mのエレベーターに乗って施設内の見学も終え、すっかりダムの魅力にノックアウトされた(?)我々3人はこの地を後にして旅を続けることにした。
SVchichiB_1


kurumi_face「今度は桜が綺麗な春に来てみたいですね」

1go_face「それは俺とツーショットツーリングに行こうって事? キタコレ萌えるっ」

kurumi_face「来年にはもっと上手に走れるようになってるかなぁ・・・」

くるみちゃん、ナイススルー。

ここからは30分ほどで昼食を食べる予定の「大滝食堂」に到着する。秩父の市街地から離れ、山梨との県境へと向かう国道140号は程よいクネクネ道が続き、ライダーは気持ち良く走ることができる。交通量も少なくてとても快適だ。
SVchichiB_2
初めてのツーリングとは思えないほど軽快に走るくるみちゃん。案外素質あるかもね♪

kurumi_face「これが峠ってやつですか〜(*'o'*)」

1go_face「イヤイヤ、この程度では峠とは言えないな」

1go_face「峠ってのは俺の魂(soul)のように情熱的で激しいんだぜ(キラッ☆)」



kurumi_face「あ、見えてきましたよー」
またスルーww ナイスタイミングで目的地に着いたぞ。


目の前に真っ青で大きな看板が現れた!
SVchichiB_3
どうする?
▷店に寄る
 素通り

1go_face「もちろん選択コマンドは”店に寄る”だぜ」

大滝食堂はバイク弁当で有名なライダーの聖地だ

ここ大滝食堂は秩父ツーリングで必ず寄ってもらいたい場所の一つ。
秩父名物といえばわらじかつ丼が有名ですが、バイク弁当はすべてがエンターテイメントなんです!何がだって?それは後で紹介しますよ。とにかくこの店はくるみちゃんも喜んでくれるハズ! ささ、早速。
SVchichiB_4
バイク弁当の大滝食堂:埼玉県秩父市大滝890-2(公式HP

早速着席して・・・ん?店内の各テーブルにはバイクメーカーのロゴが貼ってあるぞ。ホンダ席、ヤマハ席、ハーレー席、これはテンションアガる! SV650ABSに乗るくるみちゃんはもちろん"SUZUKI"席をキープ。

お目あてのバイク弁当はノーマル、ボアアップ(ご飯大盛り)、フルチューン(ご飯、肉大盛り)とあって、メニュー名だけで萌えますな。そしてなんと弁当箱が・・・ガソリンタンク形状になっているんですよ!!
くるみちゃんと私2号はノーマル、食いしん坊の1号はフルチューンを注文。

しばらくするとカワサキの名車"Z900(いわゆるZ1)"っぽいガソリンタンクが運ばれてきた。

1go_face「うほー、マジこれガソリンタンクそっくりじゃ。ぱないの!」

お前が「ぱないの」とか言うな、萎える。

kurumi_face「すごい、本当にバイクの形なんだあ」

正確に言うとタンクの形だけどね。そして蓋を開けると中から甘いソースの香り漂うお肉様が顔を出した!
SVchichiB_5
バイク弁当ノーマル:980円(弁当箱はお持ち帰り可能)


1go_face「やっべ、これマジで美味そうじゃん?! くるみちゃんどう・・・」

kurumi_face「・・・じゅるり」

1go_face「あの、くるみちゃん、もしもーし」

kurumi_face「はうぁ! 早く食べましょ!早く早く」

では早速頂こうか。
SVchichiB_6

kurumi_face「おおお、いただkむぉぉ~ ムシャムシャ(@´)З`)))モグモグ」

く、くるみちゃん!キャラ壊れてるぞ?

1go_face「ちょ、よだれよだれ!」

くるみちゃん・・・完全に暴走しちゃってるしw でも美味そうに食べてるなあ。
無理もない。このバイク弁当、出オチのイロモノ弁当に見えますが中身は本格的。地元の給食などを手がける会社が運営しているのでその味は文句なしの太鼓判なのだ。


この大滝食堂の弁当箱は持って帰って小物入れに使ったり、アナログ時計のユニットを組み込んで壁掛け時計に改造したりできますんでお土産にどうぞ。
(改造方法の作品例はこちら

1go_face「食った食った。ノーマル(普通盛り)でも良かったかな?ボリュームたっぷり」

kurumi_face「本当に美味しかった!お肉もごはんもぜーんぶ ( ´З`)=3 」

よし、腹ごしらえも済んだし、最終目的地の龍勢発射台に向かおう。


1go_face「龍勢発射台までは30kmちょっと、途中でアソコ寄るぜ」

1号はニヤリとして我々を先導し始めた。なにかスイーツでも食べるのか?はたまた「あの花グッズ」を買いあさるのか?それとももっと変態的なところへ向かうのか?頼むぞ1号、くるみちゃんの初ツーリングを必ず良い思い出にしてくれー!!

1go_face「着いた、寄りたかったのはここだよん」

kurumi_face「あ、ここって・・・! 」

お、これは旧秩父橋じゃないか
SVchichiB_07
ここは今回のツーリングテーマである「あの花」の聖地巡礼の重要スポットだ。秩父橋は昭和6年に完成した鉄筋コンクリートの3連アーチ橋で埼玉県指定の有形文化財としても有名な近代化遺産。作中ではこの橋が舞台になった思い出深いストーリーが多く、あの花ファンが訪れる聖地の人気ナンバーワンなんだとか。

kurumi_face「あー、ここで"めんま"と"じんたん"が・・・ 」

おお、くるみちゃんが思い出モードになっている。いいぞ、1号GJ!
この旧秩父橋は歩行者専用なので、バイクで行くとちょっと大変。駐輪場が無いのだ。道路の脇に小スペースがあるのでちょっと停めさせてもらって記念撮影だけしたらささっと退散。もっとゆっくりみたかったけどね。
SVchichiB_8
旧秩父橋:埼玉県秩父市阿保町3795(秩父市HP

1go_face「さあいくぞ、いよいよ最終目的地はすぐそこだ」

ここから約20分で龍勢発射台に辿り着くようだ。

kurumi_face「wkwk いよいよですね 」

ここまでのツーリングでSV650ABSに慣れたのか、それとも目的地に早く行きたいのか、くるみちゃんのペースが心なしか少し速くなっている。

1go_face「くるみちゃん、SV650には慣れた?」

kurumi_face「元気にブーンって走ってくれるので楽しいです(*^▽^*)」

そう、バイクは楽しい。バイクで走ると秩父の町並みや山々、空気の美味しさや気温の変化などを五感で楽しむことができる。自分の身体が風を切って走るというのはそういう事なのだ。

1go_face「ほれ、あそこに見えてきたろ? 野郎ども行くぞ!」

kurumi_face「おぉー❤(ӦvӦ。)」

ついに来た!龍勢発射台だ。
ちなみに龍勢発射台とは 埼玉県秩父市吉田の「椋神社例大祭」で打ち上げられる手作りロケット花火を打ち上げる為のやぐらの事である。
SVchichiB_9
龍勢発射台:埼玉県秩父市下吉田(吉田龍勢保存会HP) 写真は椋神社例大祭でのロケット発射の様子

くるみちゃんとバイクるん1号が大好きな「あの花」の終盤での重要なキーとなるこのロケット花火。まだ見てない人の為に詳しい事はゴニョゴニョ・・・としておこう。

それにしてもやっと着いたね、くるみちゃん。
SVchichiB_10

kurumi_face「ふわわー 見て下さい、発射台ですよ! ほんものだぁ!!」

1go_face「くるみちゃん、ここで俺と一緒に愛の花火を打ち上げようゼっ」

1号、お前何言ってんの?

1go_face「描いたシナリオ通りだ!さ、僕の胸に飛び込んでおいでっ」

kurumi_face「わー! お空にお花咲いたあああああああ」

安定のスルー

1go_face「1号の最近は~ 悲しいことばっか~(涙)」

・・・
・・・・
・・・・・

楽しかったツーリングは1号の憤死によってめでたく幕を閉じた。

くるみちゃんお疲れ様でした!

秩父を離れて東京に着く頃はすっかり日が落ちていました。初ツーリングで疲れたんじゃないかな?くるみちゃん。

kurumi_face「まだまだ走れますよぉ~(o^∇^o)ノ」

1go_face「おお、みて!綺麗な夕焼け」

SVchichiB_11
西の空は真っ赤に染まっていた。ツーリングの最後を占めくるるにふさわしい空だ。

kurumi_face「今日は本当に楽しかったです、ありがとうございました!」

バイクの楽しさを知ったくるみちゃん。次はどんな旅が待っているのだろうか?
くるみちゃんの戦いはまだ、始まったばかりだ!


くるみちゃん&バイクるんスタッフ先生の次回作にご期待下さいww


今回のツーリングアイテムご紹介

くるみちゃんを秩父に連れて行ってくれた頼れる相棒
chichi1
SUZUKI SV650ABS(色:パールグレッシャーホワイト)価格738,720円(税込)  SV650のWEBサイト

kurumi_face「初心者の私でも乗りやすかったから安心してツーリングが出来ました。坂道もぐんぐん登るし、山道のカーブでもふわーって楽に曲がれました。すっごく楽しいオートバイでした。」

くるみちゃんの身体を守ってくれたライディングウエア達
chichi8
GOLDWIN(ゴールドウイン)
ジャケット:GSM12658 GWSマルチフーデッドオールシーズンジャケット
パンツ:GSM13602 セボナーライドパンツ
シューズ:GSM1050 Gベクター ツーリングシューズ

kurumi_face「肩とか背中とかに固いのが入っていて"守られてる"って感じです。バイク専用の服って初めてだったんですけど思ったより動きやすいんですね。色も白くてカワイイし♪」


ご協力頂きましたメーカーの皆様、ありがとうございました(バイクるんスタッフ一同)

本日開催のイベント

Rオーナーズミーティング2018
三日月くるみツイッター
タナックスツイッター
プレストキャラバンレポート
 Vストローム250
プレストキャラバン
おススメのイベント
よくみられているイベント
JAFハッピーバイク