スズキの新型原付二種”GSX-R125ABS"は1月26日発売! | バイクるん

  1. HOME > 
  2. 特集記事 > 
  3. スズキの新型原付二種”GSX-R125ABS"は1月26日発売!
新製品
2018-01-22

スズキの新型原付二種”GSX-R125ABS"は1月26日発売!

待ってましたよ、スズキさん!!

待ってましたよ、スズキさん!!

以前から気になっていたスズキさんのスポーツバイク「GSX-R125 ABS」が正式に発表されたぞ

しかも
予想していなかったカラーリングで、これがまた「超かっこいい!!」んです

このホワイト(正式名称ブリリアントホワイト)はまるで「ハヤブサ」みたいでしょ?
スズキのスポーツバイクの代名詞である『GSX-R』とフラッグシップバイク『ハヤブサ』のコラボレーションンバイクみたいで最高っす

続いて「ソリッドブラック(半ツヤ)」の紹介です

続いて「ソリッドブラック(半ツヤ)」の紹介です

このブラックはマット塗装(つや消し)なんですけど、微妙にテカる感じでまさに「半ツヤ」
非常に高級感あるカラーリングです

いや、これもかっこいい!
バイクるん唯一の女性スタッフ「アッキー」は無類のブラック好きなので、きっと気に入るに違いない!アッキー、買え!

先の白といいこの黒といい、125ccとは思えない雰囲気があります
写真だけ見たら250~400ccに見えない? 見えるよね?!

いやー、ヤバイ!これマジでいいわ
最近の125ccだとKTMのDUKEがいいな、と思っていたけど 

最後にモトGPマシン「GSX-RR」イメージのブルー

最後にモトGPマシン「GSX-RR」イメージのブルー

そしてお待ちかね「トリトンブルーメタリック」です

スズキファンとしてはやっぱりコレが一番なのかもね GSX-Rシリーズとして共通のグラフィックが目を引きます
メタリック系の青はとても高級感があって、先に紹介した白と黒よりワンランク上のイメージですが・・・・
価格は他のカラーと変わらない!?

最近はスペシャルグラフィックのカラーだけ、価格が2万円高い!とか、そういう商売多いじゃいないですか
そんな中、このレプリカカラーの価格が他と同じってのは素晴らしい 企業努力ですか?スズキさん!

さて、詳細まとめます

特徴は・・・

・124cm3水冷・4バルブ・単気筒・DOHCエンジン
・最高出力11kW/10,000rpm、最大トルク11N・m/8,000rpm
・高燃費!リッターあたり48.2km走る
・なんと6速トランスミッション搭載
・134kgの軽量・スリムなボディー
・足つき楽々、785mmの低いシート高
・スポーティーな10本スポークの17インチ大径アルミ製キャストホイールと花弁形状のペータルブレーキディスクを装備
・安全装置、ABSを標準装備
・これは嬉しい、大容量11Lの燃料タンク
・高級感ありすぎ?フルデジタル表示の多機能メーター
・シフトチェンジのタイミングを知らせるRPMインジケーター
・一目でギヤポジションがわかるギヤポジションインジケーター
・鍵穴へのいたずらや盗難を抑止する、ワンアクション式シャッター付ステアリングロック
・スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけで、スターターモーターを回転させてエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」

これね、このイージースタートシステムって地味にすごく楽

こんなすごい装備が付いている125ccってあったかな?
でもさ、スズキさん さぞお高いんでしょ?

価格は??

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
386,640円(消費税抜き 358,000円)

なんと!! 驚き!!!

はっきり言ってこれは・・・安いのでは? スズキさん、勝負に出たね!


HPの情報も公開されてますよ、超かっこいいイメージがいっぱいなのでこっちも見てみよう

うーん、ホンダの今年発売予定のC125(スーパーカブ125)を買おうと思っていたけど、これ見ると迷っちゃうな・・・
とりあえず、近日中に試乗レポートしたいと思いますのでよろしく!



スズキさんのWEBサイトで詳細チェックしてくださいね
公式ホームページはこちらをクリック☆

本日開催のイベント

福島県
その他
2016年10月04日 ~ 2019年12月31日
神奈川県
フェス
ツーリング
2018年06月16日 ~ 2019年05月31日
東京都・全国の正規ディーラー店
キャンペーン
その他
2018年06月23日 ~ 2018年09月30日
三日月くるみツイッター
タナックスツイッター
プレストキャラバンレポート
プレストキャラバン
よくみられているイベント