「Ninja ZX-6R ABS/Ninja ZX-6R」2019年モデルを新発売!! | バイクるん

  1. HOME > 
  2. 特集記事 > 
  3. 「Ninja ZX-6R ABS/Ninja ZX-6R」2019年モデルを新発売!!
新製品
2018-10-17

「Ninja ZX-6R ABS/Ninja ZX-6R」2019年モデルを新発売!!

みなさんこんにちは♩

カワサキから新モデルの発表がありましたので
お知らせします(^○^)☆


///////////////////////////////////////////////


600ccクラスのスーパースポーツモデル
「Ninja ZX-6R ABS/Ninja ZX-6R」をモデルチェンジし、
2019年モデルとして新発売します!

2018年10月上旬より導入国で順次発売!


「Ninja ZX-6R」は、
600ccクラスのスーパースポーツモデルが持つ楽しみと興奮を、
幅広いライダーが体感できることを目的に開発したモデルです。
一般的な同クラスのスーパースポーツモデルに比べ
37cm3のアドバンテージを持つ636cm3エンジンは、
全回転域で優れた性能を発揮します。

市街地〜高速道路やサーキットまで
さまざまな走行シチュエーションに幅広く対応しています。








2019年モデルは、
ギヤ比の変更により低速域でのパワーフィーリングを向上。

また、従来モデルから装備されている「KTRC」※1、
「KIBS」※2、パワーモードなどの高度なライダーサポート技術に加え、
新たに「KQS」※3を装備することで
クラッチ操作不要でシフトアップが可能に!

外観は、フロントカウルやテールカウルなどのデザインを一新し、
「Ninja」シリーズ共通のデザインを取り入れ、
ヘッドライトとテールランプには新たにLEDを採用。


※1 : Kawasaki Traction Control(カワサキトラクションコントロール)
※2 : Kawasaki Intelligent anti-lock Brake System
(カワサキインテリジェントアンチロックブレーキシステム)
※3 : Kawasaki Quick Shifter(カワサキクイックシフター)





◇主な変更点

(エンジン・車体)

1. 636cm3水冷4ストローク並列4気筒エンジン
一般的な600ccクラスのスーパースポーツモデルに比べ、より強力な低中回転域のトルクを実現。ストップ&ゴーの多い市街地でのライディングや、高速道路での追い越し加速など、日々のストリートライディングにおける扱いやすさを向上させています。さらに、従来モデルと同等のエンジン出力やトルクを維持しながらも、欧州の排出ガス規制であるユーロ4に対応しています。
2. 低速域でのパワーフィーリングを向上
最終減速比を小さくすることで、低速回転域でのエンジンの力強さを強調しています。
3. ブリヂストン社製の最新タイヤ
ブリヂストン社の最新モデルである「BATTLAX HYPERSPORT S22」が、より軽快なハンドリングに貢献しています。
(デザイン・装備)

1. デザインを一新したボディワーク
フロントカウルとテールカウルのデザインを一新。
「Ninja」シリーズの持つパワフルかつセクシーなデザインテーマと、
シャープでエッジの効いたボディラインを組み合わせ、
一目で「Ninja ZX-6R」とわかる特徴的な外観を作り出しています。
また、フロントカウルとスクリーンはスポーツライディングに適した優れた防風機能を備えています。
2. 新形状のサイレンサー&ヒールガード
サイレンサーの外観を刷新。本体に新たな仕上げ処理を施し、
新設計のエンドキャップを装備することでスポーティな外観に貢献しています。また、ヒールガードには新デザインを採用。「Ninja ZX-6R」の持つダイナミックなボディラインを際立たせています。
3. フィット感と足つきを向上させたフロントシート
前後の長さを短くすることで、ライダーとのフィット感を高めたフロントシートを採用。
シート前部の幅を細く絞ることで足つきも向上させています。
4. ヘッドライト&テールランプにLEDを採用
ヘッドライトは、夜間走行時の視認性が大幅に向上。
テールランプのデザインは、上位機種である「Ninja ZX‐10R」を感じさせ、
マシンのリヤエンドに洗練された高級感を与えます。
5. 「KQS」(カワサキクイックシフター)の採用
クラッチ操作不要でシフトアップが可能になり、スポーツライディングの楽しさが向上します。
6. アクセサリーへの給電を容易にする電源供給ケーブル
フロントカウル内部に電源供給ケーブルを新設。電源を必要とするアクセサリーへ容易に給電することが可能です。
7. ETC2.0を標準装備(日本仕様)
日本仕様には、ETC2.0を標準装備しています。



///////////////////////////////////////////////



クラッチ操作が不要なので
スポーツライディングが楽しめたり、
ETCが標準装備なのが嬉しいですねヽ(*^ω^*)ノ

以上、お知らせでした〜〜♩

カワサキのニュースはこちら

本日開催のイベント

福島県
その他
2016年10月04日 ~ 2019年12月31日
神奈川県
フェス
ツーリング
その他
2018年06月16日 ~ 2019年05月31日
埼玉県
フェス
ツーリング
その他
2018年08月01日 ~ 2019年05月31日
三日月くるみツイッター
タナックスツイッター
プレストキャラバンレポート
 ジクサー
ヘルメットキャンペーン
よくみられているイベント