キムコの50周年記念車 AK550のざっくりインプレッション | バイクるん

  1. HOME > 
  2. 特集記事 > 
  3. キムコの50周年記念車 AK550のざっくりインプレッション
レポート
2017-09-02

キムコの50周年記念車 AK550のざっくりインプレッション

550ccのビッグスクーター(マキシスクーターとも言うらしい)の実力とやらを見せてもらおうか!

550ccのビッグスクーター(マキシスクーターとも言うらしい)の実力とやらを見せてもらおうか!

ジオンの若大将のセリフをパクるところからスタートしました「ざっくりインプレ」略して「ザク」のコーナー

今回は12月2日に日本で発売されるKYMCO(キムコ)の AK550 というスクーターを紹介するぞ
スクーターブームが起きた頃にAT限定免許制度ができましたが、今回のこのAK550は大型AT免許で乗ることができる!
さあさあ、引き出しの奥から免許を引っ張り出してこようぜ

このバイク、見た目はとにかくギンギンにとんがってる感じ
写真を見てみ?
完全にヤバいでしょ??
LEDを使ったライト周りが流行だけど、全ての電気系統をLED化したらやっぱり未来のバイクになりました〜ってトコか

ではまず
細かいディテールから見ていきましょうかね


造形が美しい&ゴージャス感パネっす

バイクるんは常日頃言ってます バイクは「見た目」だとね

試乗しないで買っちゃう人って多いんですよ 発売前のスクープ画像とかで予約しちゃうんだから怖いわ
でも、その気持ち、わかります

だって
フィギュアとか超合金とか現物見る(発売される)まで待ってたら絶対買えないもん
そんなのは"デコマス”の画像だけで買うか決めるんだから!

今回のAK550は果たして、見た目はどうなのか??
バイクるんチェーーーーーック!


まずはライト周り
ライト
ドラグナーみたいでしょ? え、知らない・・・だと?

これな
バリグナー
引用:機甲戦記ドラグナーOP動画より

ウインカー(画像はハザード点灯)
ライト2
気分はラスベガス♪

テールランプなど
テール
ブレーキランプは「ハ」の字の間にあるちっちゃいところがピカっとね

ハンドル部
ハンドル
鍵を差し込むところがないぞ! これはスマートキーだ
左のハンドルスイッチ下にある変なレバーはパーキングブレーキレバーだ

メーター
メーター
真ん中はスピードメーターや時計、天気、メールの着信等が表示できるスマホ連動メーターパネルシステム「 Noodoe(ヌードー)」 凄いぞ!

シート下収納
メット入れ
フルフェイスヘルメットもちゃんと入る!
※この画像のヘルメットはバイザー付きの大きなモデルなので入りません

入らないんだったら他のヘルメット使え、というご意見は問い合わせフォームからお願いします

続いて走りのメカニズム的なところ

フロントホイール&ブレーキ
ブレーキ
ホイールは自社製、ブレーキは超有名なブランド”ブレンボ”製 モトGPとかでも使われているすっごいメーカーなんだぞ

マフラー
マフラー
排ガス規制ってよく聞きませんか?この規制をクリアするのが大変で、各メーカーとも苦労しているんですよ
人気のあるバイクだけど、規制クリアが出来ないから「廃盤」となって生産中止になったものもたくさんありますが・・・
そんな厳しい規制の中、ユーロ4とか言う厳しい規制を楽々クリア(そのあと施行されるもっと厳しいユーロ5もクリアしてる!)して、さらに高出力を実現したマフラーは本当に優秀です

リア周り
スイングアーム
サスペンションが寝てるぞ!こんなんで仕事できるのか??
それよりもスイングアーム(リアホイールを支えるグレーっぽいパーツ)の造形が凝りすぎ 凄い重厚感・・・
モビルスーツ臭が漂いまくり

おまけ
ベルト
スクーターだからベルト駆動ですが、ここのパーツは日本製!
良いパーツは積極的に取り入れる、コストかかってると思いますが、キムコさん頑張ってます!


さて
そろそろこのAK550の全身を見せてやろうかねえ
みたいだろー
みたいのかー?
ではその目で見るといい・・・刮目せよ!!


スケルトン
ワオ! 閉店ガラガラ

かっこいいけど、これは外装を取り外した展示品でした
でもこの骨っぽい感じ、好きだなー こんなバイクあったらちょっといいかも??

いよいよ走行インプレッション!

今回はモトGPも行われるツインリンクもてぎの本コースを走ります
憧れるだろー? いいだろー?

で、今回の主役「AK550」はこちら!
AK7:3
かっこE〜♪
俺は直線と曲線がうまく交わりあったデザインのバイクが好きなんだ
AK550は複雑なパーツがうまく組み合わさって綺麗なフロント周りを作り上げている
デザインは日本のマシンにも負けてない ヨーロッパでも売れる顔だな、こりゃ




よし
イメージトレーニングは終わった では、ちょっと行ってくるぞ!!
サーキット イン!


バビューーーーーーーン
走りA
どうだ!俺の勇猛果敢なホームストレートは!

あ、すみません
これは他人の走り写真でした
※諸般の事情により、今回はバイクるん2号の走行カットはございません、あしからず

550ccらしく力強い走り
100km/hで走っている時はエンジン回ってるの?っていうくらい静か
走行風も体にはほとんど当たりません、快適です!(足元には多少風が入り込んできますけどね)
ちょっと調子に乗ってストレートで加速、コーナーでグッと減速・・・フロントブレーキがしっかり踏ん張ってスピードダウン
さすが世界のブレンボ、世界のヘイポーと大違いで良い仕事をする
コーナーを曲がるときは「あれ?めっちゃ安定!」 スクーターでもスポーツ走行がガンガンできる
これはサーキット走行会に使っても面白いかも♪


よし、もっとスピード出してみるぞ
ズバーーーーーーーーン
走りB
※これも他人です

おお、140km/h出た まだ加速しそうだ
うっかりアクセルを開けると赤いランプが回っているチューンドカー&バイクのお世話になってしまう
カウルとスクリーンが風を受け流してくれるから140km/hでも全然怖くない

何、AK550の最高速度は何キロか・・・だと?

おじさんはね、150km/h程度で心のリミッターが効いちゃってそれ以上出せないんだよ わかるかな?
そんなおじさんでも安心して走れるAK550、恐ろしい子!(バイクるん注:170km/hくらい出るそうです)


その他ポイント
AK550
シート高は785mmと思ったより低い
ということはホンダさんのCBR400Rと同じ、今年話題のCBR250RRよりも低いって事ですね

でもね
スクーターはシートや車体の幅が広いので身長169cmの僕が乗ると、残念ながらかかと浮きます(足が短いので参考になるかどうか・・・)
車重が226kgとそこそこありますが、重心が低いのでそんなに重く感じませんことよ
※諸般の事情により、今回はバイクるん2号の足つきチェック写真はございません、あしからず



いかがでしたか!!
キムコ社のフラッグシップバイク

スクーターが得意なメーカーですが、世界的な販売台数はどの輸入車メーカーより多い超巨大メーカー
スクーターにうるさいヨーロッパでも評価されているということでこの車両にも期待できます
何と言ってもカッコEしね!

国内ではヤマハさんのTMAXがライバルになるのかな?
個人的感想ではAK550の方がツアラーっぽさがある気がします
TMAXはレーサーっぽい感じ
違ったらごめんなさい(※バイクが与える印象には個人差がございます)

発売は12月2日

キムコの50周年記念車 AK550のざっくりインプレッション

先行予約は9月15日から

そして、全国試乗車ツアーは10月1日からスタートします

カラーバリエーションはマットブラックとマットメタリックの2色
気になる価格は・・・・・

1,274,400円(税抜1,180,000)だ!


気になる人は全国試乗車ツアーを楽しみに待とうぜ
情報が入ったらバイクるんでも掲載すると思うのでキムコジャパンのHPと合わせて要チェック!


キムコジャパンHPはコチラ

本日開催のイベント

Rオーナーズミーティング2018
三日月くるみツイッター
タナックスツイッター
プレストキャラバンレポート
 Vストローム250
プレストキャラバン
おススメのイベント
よくみられているイベント
JAFハッピーバイク