トライアンフ ストリートトリプルR LOW速攻インプレ | バイクるん

  1. HOME > 
  2. 特集記事 > 
  3. トライアンフ ストリートトリプルR LOW速攻インプレ
レポート
2017-10-20

トライアンフ ストリートトリプルR LOW速攻インプレ

STREET TRIPLE R LOW とりあえず速報です 足着きチェックしてきたよ

STREET TRIPLE R LOW とりあえず速報です 足着きチェックしてきたよ

トライアンフの新作は、大人気のストリートトリプルです
現在は標準仕様とも言うべき「ストリートトリプルS」と上級バージョンの「ストリートトリプルRS」の2機種が発売中
先日はMOTORISEでもおなじみの下川原利紗ちゃんと一緒に「RS」のインプレをやらせて頂きましたが、すっごく楽しいバイクでした♪

でもね
そのRSのシート高ってのが、825mm・・・ちょっとしたアドベンチャーバイク並みのシート高で、足の短い典型的日本人体型のワタシでは多少不安を感じるところなのです
あと気になるのはその価格 RSの143万円はバーゲンプライスだと思いますよ? でも庶民な俺にはなかなか手が出ない・・・

で、今回発表されたストリートトリプル3兄弟の真ん中「ストリートトリプルR」のお出ましって訳です!

パワーとパフォーマンスの最適バランス(トライアンフ談)

パワーとパフォーマンスの最適バランス(トライアンフ談)

標準仕様の「S」109万、最高グレード「RS」143万、そして今回発表の「R」が125万

Sじゃ物足りないけど、RSまではちょっと・・・というそこのアナタ! キタよ、キタキタ!!
これっすよ、これだよ!

しかも なんと! ローダウン仕様なんだよ、これが!
なんていうか、日本人スペシャルみたいな?

いやいや、違うって! 日本人はみんな短足みたいな身内をディスる話じゃなくてさ、安心して乗れるスポーツバイクの登場って言いたいの!

その実力やいかに??

発表は富士スピードウェイのショートコースで行われましたが・・・土砂降り(涙)
誰だ、"バイクるんはやっぱり雨男"とか言うやつは??

本当はサーキットで膝スリスリしてビシッと決めたかったけど、ここはぐっと我慢の車両撮影のみでw
誰だ、"バイクるんはやっぱりヘタレの集まり"とか言うやつは??



ええ〜い、とにかく見ろ! 「ストリートトリプルR LOW 」の実力を
RS
R LOWの勇姿!(一番奥はSです)



早速今回の目玉でもあるLOWバージョンの足着きチェック!
ちなみにモデルは169cm、普通のおっさんだ

まずは上級バージョン、「ストリートトリプルRS」の足付き
シート高は825mmだ

RS
かかと浮いてます・・・足短いなあ、俺


続いてスタンダードな「ストリートトリプルS」
シート高は810mm
S
両足つくよ、着いたよ!


そして今回登場した「ストリートトリプルR LOW」
シート高は驚きの780mm!!
R
くわっ! かかとまでべったり着くだけだけじゃなくて膝にも余裕がっ?!

これ、跨った感じはホンダのVTR250くらい「楽チン」な雰囲気がするぞ 車重も乾燥重量で166kgだから250ccクラスとそんなに変わらないんじゃないのかなー

今回は雨で試乗できなかったけど、輸入車でこんなに「楽」なバイクは今までなかったかもしれない!

ではここで今回登場した「R」の魅力について解説を

中間グレードだけあって、トータルバランスが良い感じでしょうか?

キャラクター分けすると
・スタンダードのSは誰でも扱いやすい入門用
・サーキットも走れるパワーもりもりのRSは上級者向け
・峠を気持ち良く走れて、ここぞという時に十分なパワーを持つRはスポーツ走行入門者にもってこい!
って感じです


では装備の違いを見てみましょう


まずはフロントブレーキの違い

スタンダード「S」
S
ニッシン製の黒いキャリパー これでも十分な装備ですね!


上級「RS」
RS
さすがRS!二輪レースのトップカテゴリーMotoGPでも使われているすごいメーカー「ブレンボ」のパーツが付いてんじゃん!


では「R」はどうでしょうか・・・・
R
やった!こちらも「ブレンボ」のブラックタイプだ カッケー♪



続いてリアサスペンションを見てみよう

スタンダード「S」
S
日本が誇るSHOWA製の良いものが付いてますが、黒とシルバーでちょっと地味な感じ? 


上級「RS」
RS
キタコレ!これまた二輪レースでも大活躍している黄色いバネで有名な「オーリンズ」!


ではローダウンバージョンの「R」についているサスペンションは・・・・
R
Sと同じSHOWA製ですが、真っ赤なスプリングでイカす!調整機能もついた上級バージョンだ


他には最高出力が違うし、エンジン特性も3機種共違ってる
ピークパワー重視のRSと比べると、Rは全体的に扱いやすいバランスに調整されていてるのだ


メーターもRとRSだけはフルカラー液晶なんだ
ちょっとピンボケしちゃったけど動画でも見てよ

これがSのメーター



こちらがRSのメーター


うっかりRのメーター撮り忘れちゃった、ごめん でも雰囲気的にはこんな感じ

どう?せっかくだったらRかRS欲しくなっちゃうでしょ?

では最後に
「ストリートトリプルR LOW」のギャラリーです

シート
シートのくびれ このスリムさが良好な足付きを実現

マフラー
マフラーの形状 RとRSは高級感あふれる造形になってます

エンジン
エンジン 765cc 最大出力118馬力




今回は簡単なレポートのみですが、近いうちに借りて乗ってみます

「ストリートトリプルR LOW」は、その足着き性の良さと、車体のバランスを見る限り 女性でも楽しめるスポーツバイクなんじゃないかと思うんですよ
だって、足めっちゃ着くもん!!

「大型スポーツバイク欲しいけど、輸入車って足着かないし・・・」とお嘆きの全国1000万人のライダー諸君!
たちあがれ!!!



R
トライアンフ ストリートトリプルR LOW
発売日: 2017年10月14日(土)
メーカー希望小売価格(消費税込)1,250,000円~


詳しくはストリートトリプルシリーズのページへGO!

本日開催のイベント

福島県
その他
2016年10月04日 ~ 2019年12月31日
大阪府・海遊館
その他
2017年11月17日 ~ 2018年03月04日
栃木県・あしかがフラワーパーク
その他
2017年10月21日 ~ 2018年02月04日
三日月くるみツイッター
タナックスツイッター
 Vストローム250
ストリートトリプルR LOW 足つきチェック
おススメのイベント
よくみられているイベント
JAFハッピーバイク